月別アーカイブ: 2014年5月

お金がなかった学生時代

学生時代はお金が足らなくていつも困っていました。月末の家からの仕送りが待ち遠しくて、待ち遠しくてたまりませんでした。

お金が無くなったら、大学へ行くか、下宿でじっとしているかのどちらかです。バイトしようと思ったのですが、普段のバイトは親から止められていたものですからじっと金欠生活で耐えていました。

下宿の他の連中も皆金欠生活を強いられていました。何処の親も息子を東京の大学へ、結構無理して出していました。親たちもお金が足らなくて困っていたのだと、いま親の立場に立って思います。

親も子も金欠していたのです。決して口には出さず親も子も絶えていたのでしょう。4年間だけ頑張ろうとお金が足らなくても頑張っていました。

お金が足らないからと悪いことをする人間はいませんでした。アルバイトをして真面目に小遣いを稼いでいました。親の期待を背負って皆東京の大学に進学しているのです。

勉強にも熱心でした。資格試験を目指して独力で勉強している人もいました。お金がないですから、専門学校へ通う余裕はありません。研究室と自宅の往復をしていました。

結局私も大学3年になってからは、アルバイトを始めて収入が出来たのでまだ生活が楽になりました。お金が出来た事によって、友達と遊ぶ時間が増え勉強する時間が減ったのは事実です。

一時は遊ぶことが当たり前になりすぎてしまい、お金を使いすぎる事もありました。そして、カードローンなどの利用でお金を借りるような事もありました・・・。

親からしたら望んでいない事ですよね。真面目に勉強するために大学に行かしてくれたのに。。。私自身もそのことに気付いてからは、遊ぶことも控え真面目に勉強するようにしました。

今となってはダメな事もいい経験ですよね。

お金が足らないことはいい事だと思います。人間を鍛えてくれたと思います。人格を完成させる大事な時期にお金に困らず、野放図な生活をしていたらろくなことはないと思います。